2006年07月21日

本は友達本るんるん

こんにちは!

お久しぶりです!

今回は、ネットオークションによるペットの販売について書く予定だったのですが、急遽変更exclamation×2といたしまして、今回は感動顔(泣)する本をご紹介したいと思いまするんるん

出版社のオススメは角川文庫ぴかぴか(新しい)

2冊買えば必ずexclamation×2ブックカバーがもらえるので、ぜひどうぞ♪

今回紹介する本は、「ベルナのしっぽ」知っている方もいらっしゃいますよね?

秋、映画化されるんですよ。紅葉

本を読んでから、映画を見るっていうのも、おもしろいですよ顔(笑)

オススメですGood

200108000083.jpg
ベルナのしっぽ
著:群司 ななえ
絵:きたやま ようこ

中に絵はないのですが、表紙の絵がかわいいっ顔(笑)

感動のノンフィクションです。

ストーリー:27歳で失明してしまった郡司さん。
中途失明者の郡司さんは、歩くのに不便でしかたありません。
そんな郡司さんにも、ひとつの希望がありました。
お母さんになることです。
でも、目の見えない郡司さん。
ましてや、一人で上手に歩けないのですから、赤ちゃんをおぶって転んだりしてしまっては、大怪我です。
ある日、ふと思いついたこと、それが、盲導犬とパートナーを組むことでした。
けれど、郡司さんは過去の出来事で犬が大の苦手です。
不安を抱きながらも協会で訓練を受け、無事に「ベルナ」とパートナーを組めた郡司さん。
待望の赤ちゃんも生まれ、郡司さんと、夫・幸治さん、息子・幹太(みきた)くん、ベルナとの生活が始まります。
最後には、別れの日が…。

長々とストーリ-を書いてきましたが、(うまく文章をまとめられませんでしたU-ェ-;U) わかっていただけたでしょうか。

こんなところに感動exclamation×2とは、うまく書けないのですが、幹太とベルナの姉弟愛・盲導犬ベルナのプライドとかに感動するのではないでしょうか?

私はうまくいえないので、本を読んでみてください。

630円と、なぜかページがガタガタしている文庫本にしては、なぜか少し高いですが、感動を630円で買ってください。(?)

でもきっと、630円じゃすまないですねU-ェ-;U

630+1800=2430ってとこじゃないでしょうか。
(1800って、何のお金だかわかります?ふくろ映画代ふくろですよ**)

また、あぶり出しです。やってみてくださいね。

とにかく、読んでみてください!

+、2冊買うとブックカバーがもえらえるということなので、これも一緒に買ってみてはいかがでしょうか。

200510000014.jpg
星 新一

たかがブックカバーごときに、お金の無駄!というかたは、結構です。ぴかぴか(新しい)
けれど、面白いですよ。

詳しくは紹介しませんが、読んでみてください。

では、また次回Hello


ニックネーム ひな at 16:09| Comment(9) | TrackBack(0) | オススメBOOK’s | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする